当ブログは更新を停止しています。 新しいブログは http://finesse.seesaa.net/ です。 お気に入り等に入れて頂いている方には大変お手数をおかけします。
<< 前の記事 |     | 次の記事 >>

LWS in THAI LAND♪ その2

こんにちは。

フィネススタッフのエヌです。


新井さんからのリポート、「パート2」です♪


タイ・ランドの管理釣り場でのルアーフィッシング。

しかし・・実はなかなかプレッシャーも高く、

難しい釣りのようです。


特に、ピラルクは。

ヒットしてからのファイティングは暴力的、

男性でも引きずり込まれそうになるほどのパワー!

らしいのですが・・

319_4_edited-2.jpg


美しきハンターが・・


319_5_edited-2.jpg


すんげぇ〜♪


90cmオーバーも仕留める凄腕のライギョハンターである奥様だからこそ、

こんなすごい魚をキャッチされたんでしょうね〜!


そして、新井さんにも・・


319_6_edited-2.jpg


強烈なビッグファイト!


楽しまれた当日の状況を、

昨日お電話にて新井さんとお話しさせていただきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「電話でも話ましたが、ピラルク独特の大きいストロークの首振りにロッドが追従し、

美しいベンドカーブがドラグをスムーズに機能させます。

そして寄せのタイミングでは、

バットパワーでピラルクをコントロールし3分足らずでキャッチ出来ましたので、

全てのピラルクに元気に帰ってもらいました。


319_7.jpg


319_8.jpg


妻も“アワセが決まりやすく、やり取りにも十分余裕が持てた♪”と、

2匹のピラルクとレッドテールを釣り上げ楽しんでいました。


319_9.jpg


ピラルクはバイト直後、走りますのでアワセのタイミングが難しいですが、

このロッドは・・立てるだけで フックUPが決まります(高反発なので)。


レギュレーションによりバーブレスフックを使用しましたが、

“ロッドがロッドの仕事をする”とバレませんね!

これはライギョにも言えることだと思います。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


オープンからライトカバーエリアにおいてのライギョフィッシング。

“夢”のサイズを想定した時に。

LWSならきっと、皆さんの良きパートナーになれる!と思います。


edited-2.jpg


新井さん、奥様。

本当にありがとうございました。


今年こそ・・是非釣り場で♪

よろしくお願い致します〜。^^

About

2014年03月20日 17:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「LWS in TAHI LAND♪ その1」です。

次の投稿は「シーバスアングラーの必需品!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。