当ブログは更新を停止しています。 新しいブログは http://finesse-blog.jugem.jp/ です。 お気に入り等に入れて頂いている方には大変お手数をおかけします。
<< 前の記事 |     | 次の記事 >>

おおっ、メバルは何処に?

こんにちは。

フィネススタッフのエヌです。


今回は久々の釣行記です。

フィッシングショーでお会いした、弊社清水代表の友人で大メバル名人・木村さん、そして木村さんの友人であるソルトの達人・加地さん、T店Iさんに同行して頂きました。

狙いは尺上のメバル。

エビを撒きつつ・・ではなくって、人気復活の弊社カブラジグ「マーベリック」シリーズでのチャレンジです。


現場へは、夕方6時に到着、早速タックルの準備を・・木村さん達はのんびりしてはる?

「でかいのは、暗なってから動きますから、場を荒らさんようにもうちょい、待ちます。」

う〜ん、やはり大物は警戒心が強いみたいです。

木村さんと私、加地さんとIさんの二手に分かれてスタートしました。

ん、が・・・


釣り始めから、私達の前に立ちはだかるのは・・冷たい南風でした。

ちょうど、ポイントとしてベストな方向から吹いてくる為、1gのマーベリックが「ペトッ」と目の前に落ちて、全く釣りにならない状態です。

数投毎にリグを変えて、対応していく木村さんが遂に一匹目をキャッチ!


090317_1.jpg いいサイズです。

090317_2.jpg マーベリック1g+フロートリグにて


地合いだったのか、その数投後に・・


090317_3.jpg コンディションの良い美しいシーバスがヒット!


風が全く治まらないので、波止の風裏側へ移動してみました。

背中から風を受けるので、釣りやすいですが、満潮で動きが強くなるはずの流れが、今ひとつ動きません。

厳しい状況な中、もうワンバイト木村さんが取ったのですが、残念ながら外れてしまいました。

その後アタリも無く、満潮潮止まりになりました。

加地さんも2バイト1フィッシュ、Iさんは1バイトでラインブレイク、大物だったようです。

名人達がことごとく渋かった状況ですので・・私、すんませ〜ん、ノーバイトですぅー。


「申し訳ないね〜、こんなに悪いのは記憶にないですよ。」

「いやいや、実は、ひょっとすると、私のせいかもです。」


と、予定を組んで楽しさが大きければ大きい程、私の“釣り大好きワクワク光線”の強さが増し、なぜか(天候の神様とかいてるのでしょうか?)災害級の悪天候に襲われるという過去の実例?を話していると、

「そうでしたか〜〜〜・・。」 ち〜ん

って感じでしたが、少しほっとされているようでもありました。


天候とケンカするのは得策ではありませんので、メバルは終了してコンビ二へ。

腹ごしらえをして、ダブルヘッダーの二試合目「シーバス」へ向かいました。


つづく・・・

<タックル>
ロッド:がまかつ ラグゼ・コーストライン「宵姫」S90L-F
リール:ダイワ トーナメント2500
ライン:サンライン PE0.4号
リーダー:シーガー グランドMAX 1.7号
ルアー:フィネス マーベリック、マーベリック
メガネ:近眼、乱視に合わせたもの(宅配のめがねやさん仕様・・注1)

注1 宅配のめがねやさんは、普通のメガネも上手に作ってくれます。(当たり前や〜〜!by 重宗氏)


About

2009年03月17日 10:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「何とか・・」です。

次の投稿は「シラス・・・漁と共に。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。