当ブログは更新を停止しています。 新しいブログは http://finesse-blog.jugem.jp/ です。 お気に入り等に入れて頂いている方には大変お手数をおかけします。
<< 前の記事 |     | 次の記事 >>

夏日の琵琶湖

こんにちは。

フィネススタッフのエヌです。


天気予報とにらめっこして、今年初めての琵琶湖釣行は9日に決め、先週は帰宅後ゴソゴソ楽しい時間を過ごしていました。

今年は、昨年奇跡的に釣れた自己記録を、更に塗り替えたいと思いまして。ははは。

下手な自分でも、確実にキャッチ出来そうなタックルで、望みたいと思っています。

基本は、弊社NEWライギョロッド「アナコンダLWS」+丈夫なリール&ライン+大物が好みそうなルアー+ノーバイトに折れない心・・以上デス。笑
      

さて、早朝。

最初のポイントは・・たくさんの人で入れず。

二つ目のポイントは、おぉ〜!大丈夫そうです〜。


思いを込めたルアーで約3時間、ドキドキしながらキャスト&リトリーブを繰り返しました。

異常ナシ♪


日が昇って、朝食を摂り、ゆっくり仮眠して、今回の大切な目的である湖岸を見て回る旅に出掛けました。

      
DSC_0329.JPG ヤエン釣りに使ってみたい〜!
       
       
DSC_0327.JPG 見事な“撒き餌”
        

DSC_0326.JPG どうやって“あの箱”に近づくのでしょうか?^^
        

DSC_0330.JPG バスフィッシングはステキな余暇であります。
       

DSC_0332.JPG 昔無かったこの護岸にも、様々な想いが募ります。
         

約5時間、護岸沿いを歩いたり、釣り人と話したり、眠りから覚めている住人?がいないか目を凝らしたり・・ごろりとしたり。


若かりし頃は、ボートで毎週のように通っていた琵琶湖ですが、その当時の景色とも変わっているでしょうし、岸からこんなにゆっくり琵琶湖を眺めるのも初めてのような気がします。

ロッドを持たずに冷静に見てみると・・その大きさと、バス釣りが大好きな人の多さと、湖岸で楽しい時間を過ごすご家族や大勢の人達すべてを受け入れてくれる懐の深さを、改めて感じました。
       
          
DSC_0325.JPG の〜びり、ゆらゆら。
         

この素晴しい琵琶湖に感謝して、いつまでも湖に楽しい歓声が絶えない事を願いたいと思います。


さて、調査?も終わり、夕方はどこに行こうか?と悩みましたが。

まだ釣った事のない、友人おすすめのポイントに。

この日は夏日になって、夕方もかなり暖かかった事や、土曜日だったからか・・凄まじい人、人、人であります。汗


約2kmの護岸沿いに入る隙間が無いくらいの釣り人が並ぶのには、ちょっとビックリしました。

歩いて、歩いて、やっとこ人が少ないエリアを見つけて。

約2時間ほどキャスティング練習?をして、終了でした。


今回は、本当に魚からの反応は何も無く、果たして全くの時間の無駄だったのでしょうか?

いえいえ。

とても、楽しく充実した一日を過ごせました!

超大物が潜むこの湖でルアーを投げられただけでも、自由な休日をくれた家族にも、感謝であります。^^

次の機会にも、またワクワクドキドキしながら、楽しみたいと思います♪


では、また!


追伸:浅野くんへ。今度、ゆっくり遊びに行きます〜♪


<タックル>

ロッド:フィネス ライギョロッド「ANACONDA LWS AN-LWS76L」(プロトモデル)
リール:シマノ コンクエストDC200
ライン:アプロード Nスペック20lb.
ルアー:がまかつ「ウォーニングショット」 + ケイテック「スイングインパクト・ファット」、Wassyオリジナルルアー「ボランカー」、コアマン・IP-26リード・ラブラ125F・・etc
フック:がまかつ トレブルRB-MH、SP-MH 各サイズ
ライフベスト:パズデザイン コンプリート
フットギア(ウェーディング):パズデザイン PSLネオプレーンハイバック・ブーツフットウェーダー

<アイウェア>
フレーム:グリーンジャケットスポーツ
デザイナー大浦氏による、画期的なコンセプトに基づく機能性豊かなスポーツサングラス。フレームパーツが個々に選択出来、324通りの組み合わせが可能。特に、モダンパーツは調整可能なベータチタン芯材に、ハイクォリティーなシリコンゴムで覆われ、究極のフィット感を得られます。オプションのスイッチマグシステムにより、度付きレンズと偏光レンズを現場でセットアップ出来るのがステキです♪

レンズ:今回はナイトゲームなので、通常の度付き眼鏡レンズのみで使用しました。フィット感の良いGJSは、視界が狭いナイトゲームでの咄嗟の動きにも追従してくれます。目を守る為にも、ナイトゲームでは眼鏡を掛ける(目の良い方は素通しでも良いと思います)方が良いと思います。

About

2013年03月12日 12:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ロッドタグ、到着〜!」です。

次の投稿は「カエルのブレード♪」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。